東京インプラントアカデミートップ > 歯科用語集 > バイオインテグレーション

バイオインテグレーション

ハイドロキシアパタイトを介した骨との結合をオッセオインテグレーションと区別してバイオインテグレーションと言います。インプラント表面にコーティングされたハイドロキシアパタイト(骨や歯の成分)が骨と直接融合し、より早く強固な結合が得られます。このタイプのインプラントをHAインプラントと呼びます。オッセオインテグレーションという概念が提唱されて以降、インプラントの手術法も1回法から2回法が主流となってきた。また、骨との化学的結合を意味するバイオインテグレーションという概念も加わり、チタン表面にハイドロキシアパタイト(HA)などをコーティングしたインプラントも研究・開発されてきた。現時点では、オッセオインテグレーションとバイオインテグレーションの2つのタイプがインプラント市場の大半のシェアを占め、広く臨床応用され、多くの患者の Quality of life の向上に大きな役割を果たしている。われわれが日頃の臨床でさまざまなタイプのインプラントを患者の口腔内に診る時代が到来した。

前のページへ

次のページへ

20年後も噛み続けることが出来るインプラント治療

20年後も噛み続けることが出来るインプラント治療

20年以上の実績があるからこそ提供できるインプラント治療があります。

詳しくはこちら

ページトップへ