上部構造

インプラントがしっかりと骨に結合していることが確認できたら、 人工歯をとりつけるためのアパットメントと呼ばれる上部構造の土台となる部品を取り付けます。 おおまかな流れは 歯肉の切開 (局所麻酔の後、インプラント体を埋め込んだ場所を確認してから切開します。) ↓ アパットメント(上部構造)の装着 ↓ アパットメントの周囲の縫合 しばらくして歯肉が落ち着いたら ↓ 人口歯を作るための型取り (咬み合わせなどを慎重に調整します。) ↓ 1~2週間で人口歯(仮歯)が完成 ↓ 人口歯の取り付け ↓ 治療終了 となります。

前のページへ

次のページへ

20年後も噛み続けることが出来るインプラント治療

20年後も噛み続けることが出来るインプラント治療

20年以上の実績があるからこそ提供できるインプラント治療があります。

詳しくはこちら

ページトップへ