東京インプラントアカデミートップ > 歯科用語集 > ボーン・グラフト(骨移植)

ボーン・グラフト(骨移植)

歯が抜けて時間が経過すると、顎の骨がやせて、インプラントを入れるスペースが不足することがあります。 以前は骨がやせているとインプラントができないケースがありましたが、ボーングラフト(骨移植)をすることでインプラントが可能になりました。 移植する骨は、自家骨や骨補填材が使用されます。歯科における骨移植は、それほど大がかりなものではあリません。移植する骨も本人の歯槽骨や顎の骨から調達する場合が多いので、手術の範囲も限られています。ただ、ケースによっては、歯槽骨や顎の骨以外からも調達する場合があるので、担当の先生の説明を十分に聞いてください。また、人工の骨補填材などを使用する場合もあリます。

このページを読まれた方はこちらのページも合わせてご覧頂くことをお勧めいたします。

前のページへ

次のページへ

20年後も噛み続けることが出来るインプラント治療

20年後も噛み続けることが出来るインプラント治療

20年以上の実績があるからこそ提供できるインプラント治療があります。

詳しくはこちら

ページトップへ