東京インプラントアカデミートップ > 歯科用語集 > ハイドロキシアパタイト(Hydroxyapatite:HA)

ハイドロキシアパタイト(Hydroxyapatite:HA)

ハイドロキシアパタイトとはリン酸カルシウムでできた歯や骨を構成する成分のことで、 エナメル質は97%、象牙質の70%がハイドロキシアパタイトで構成されています。 歯磨剤に配合されたりしています。 エナメル質の表面には見た目には分からない 微小欠損(小さなきずのようなもの)が 無数にできています。 これが脱灰(虫歯になりかけ)につながります。 虫歯はエナメル質が溶け始めることにより始まります。 ハイドロキシアパタイトは唾液中のミネラルイオンに作用して、 初期虫歯や、微小欠損の再石灰化を促進することができます。 ハイドロキシアパタイトとはリン酸カルシウムでできた歯や骨を構成する成分のことで、 エナメル質の97%、象牙質の70%を構成しています。Caとリン酸の反応で合成され、湿式合成、水熱合成などで人工的にも作られます。 HAの用途として、人工骨、初期虫歯が治る歯磨き等をはじめ、消臭剤、ウィルス用マスクのウィルス吸着剤、重金属吸着剤など幅広く利用されています。

前のページへ

次のページへ

20年後も噛み続けることが出来るインプラント治療

20年後も噛み続けることが出来るインプラント治療

20年以上の実績があるからこそ提供できるインプラント治療があります。

詳しくはこちら

ページトップへ