東京インプラントアカデミートップ > 歯科用語集 > GTR法(組織再生誘導法)

GTR法(組織再生誘導法)

GTR法(guided tissue regeneration)は歯周外科後、メンブレンを挿入することにより歯周病の炎症により破壊されたセメント質などの硬組織を新生させ、喪失した付着の回復はかる歯科の治療法である。1982年にイエテボリ大学(スウェーデン)のスティーレ・ニーマンらによってGTR法の成功が初めて報告された。歯周組織再生誘導法または組織再生誘導法ともいう。 どの歯科医院、病院でも受けられる医療ではなく、また健康保険の適用外である。(一部の病院で高度先進医療制度の適用がある。) 歯を支える歯周組織が炎症をおこし、それが進行すると、歯を支える骨が吸収されてしまいます。 ※歯周組織とは、歯肉、歯根膜、歯槽骨、セメント質の4つの組織の総称です。 吸収し、乏しくなってしまった歯槽骨は、歯周病が治っても、残念ながらもとのようには回復しません。 なぜなら、骨よりも歯肉のほうが回復するスピードが速く、本来骨が回復するはずのスペースが、歯肉で埋まってしまうからです。 (余談ですが、骨の部分が少なくなった上に歯肉がかぶさってしまうので、歯周病にかかったことがある人は、歯肉の位置が下がり、歯が長く伸びたように見えることが多いのです。) 歯を支える骨が乏しくなった状態では、インプラントの土台として十分でない場合があります。 そこで、歯周組織(骨)を回復するために行われるのが、GTR法です。 歯と歯肉の間をきれいに清掃して、その後、骨を再生したい部分に人工の膜を入れます。 膜で覆うことで、骨が回復するまで歯肉が入ってこないように、スペースを確保します。 土台となる歯周組織の状態が悪いために、インプラントができなかった人でも、歯周組織を回復することで、インプラントが行える場合があります。

前のページへ

次のページへ

20年後も噛み続けることが出来るインプラント治療

20年後も噛み続けることが出来るインプラント治療

20年以上の実績があるからこそ提供できるインプラント治療があります。

詳しくはこちら

ページトップへ