東京インプラントアカデミートップ > 医院紹介 > 最新歯科治療設備について

最新歯科治療設備について

安全なインプラント治療のために必要な設備です

OP300 ~多角的に顎・歯の状態を診査する最新のレントゲン~

OP300

OP300は、この1台でパノラマレントゲン、セファロレントゲン、コーンビーム3D画像を撮影することが出来る世界最新のレントゲン機器です。これらの機能を組み合わせ、多角的な視点からより精密な検査が可能となるため、患者様にはより安心かつ安全なインプラント治療を提供することが出来ます。
また、被ばく線量も一般の歯科用のレントゲンと比べて格段と低いので、その点でも安心と言えることが出来ます。

SKYLUX COSMIC SERIES ~正確な手術をサポートする無影灯~

無影灯 SKYLUX COSMIC SERIES

無影灯は通常の照明と異なり影を作ることがないので、手術中、常に手元の状態がはっきりと確認出来るので、より正確な手術を行うことが可能になります。
また、長時間照明しても温度があまり上がらないようになっているので、手術時には必須の設備となります。

バイタルセンサG ~安全な手術を行うための生体情報モニタ~

生体情報モニタ バイタルセンサG

インプラント手術は、医科の手術に比べればそれほどリスクがあるものではありません。しかし、手術は手術です。安全に手術を終えるには、術中の患者様の状態観察を怠ることは出来ません。
バイタルセンサGは術中の患者様の血圧や体温の変化などの観察を可能にし、安全に手術を行うためには欠かすことが出来ません。

拡大鏡 ~肉眼では気づかないもののチェック~

拡大鏡

インプラント手術時、また術前術後の状態観察などの際、拡大鏡をつけて観察することによって明らかになることは多々あります。拡大鏡を使用することは、歯科医師にとって、視力が悪い人がメガネを掛けたのと同様、見える世界を変えてくれます。
正確さが期されるインプラント治療にはなくてはならない道具です。

IMPLANTOR Neo ~インプラント窩形成、フィクスチャー埋入に大活躍のドリル~

IMPLANTOR Neo

インプラントを埋入する穴の形成、またフィクスチャーを埋入する際など、インプラント手術の様々な場面で必要となるインプランターです。
このIMPLANTOR Neoは、ハンドピースの先端にライトが付いているため、口腔内でも暗くなることなく術部を確認することが出来ます。
また、モーターの性能も抜群なため、骨に穴をあける際も力強く安定した手術を可能にします。

カートリーエース・プロ(クラスⅡ) ~痛みの少ない麻酔注射器~

カートリーエース・プロ

インプラント手術の際の患部の麻酔注射器です。
通常の注射器などとは異なり、軽く握ってスイッチを押すだけなので、手ブレなどがなく注入時の痛みが少なく済みます。
また、安定した低速度で少量ずつ注入出来るので、良好な麻酔効果を得ることが出来ます。

Varios 750~歯周病のコントロールに必須なスケーラー~

Varios750

バリオス750はスケーリングや歯周ポケットの消毒など、インプラント手術前後の歯周病をコントロールする際に必須な機材となってきます。
インプラントの成功は歯周病のコントロールにかかっていると言っても過言ではありません。しっかりと歯周病コントロールをした上でインプラント手術に臨みましょう。

アナログ咬合器 パナデント~噛み合わせのシミュレーション~

アナログ咬合器 パナデント

インプラント治療において歯周病コントロールと同じくらい大切なのが噛み合わせの調整です。埋入したインプラントの噛み合わせがおかしいと、被せ物が破損するにとどまらず、頭痛、肩こりなどの全身の不調につながります。
この咬合器を使い、人体の顎関節と同様の状況を作り出し、シミュレーションをすることによって完璧な咬合になるように調整していきます。

ペリオテスト ~インプラントの経過観察のために~

ペリオテスト

インプラントは手術をして終りではありません。術後の歯周病のコントロールこそが、10年、20年とインプラントを活かすために重要となってきます。
ペリオテストでは、埋入したインプラントの動揺度を数値として表示することにより、インプラントが安定しているかどうかをチェックすることが出来ます。

このページを読まれた方はこちらのページも合わせてご覧頂くことをお勧めいたします。

インターネットからの診療予約はこちら

ページトップへ