東京インプラントアカデミートップ > 院長ブログ > インプラントと歯周病

歯周病の診断の方法とは。

こんにちはDr.Leeです。

 

今回はどのような検査で歯周病と診断しているかについて
お話ししたいと思います。

まずは、歯と歯茎の間にある溝(歯周ポケット)の深さを
計測します。
0~3mmまでは健康
mmは歯周病の手前の歯肉炎
mm以上は歯周病
また、その時に出血する場合は細菌などの原因があると
考えられます。

次に歯を支えている骨の量です。
歯周病が進むと、少しずつ骨の吸収が起こります。
レントゲン写真でどのくらい骨が残っているのかを調べます。

最後にプラーク(歯垢)の残り具合です。
奥歯などの磨き残しやすい部分には、細菌がどんどん増えて
歯茎に炎症が起こります。

これらを必要に応じて定期的に検査していくことで、歯周病が
進行していないかが分かります。
定期検 診でのこまめなチェックが大切ですね。

 

 

 

2011/11/16

インプラント手術前にしなければいけないこと。

こんにちはDr.Leeです。

インプラント手術の前に歯のクリーニングをする場合においても、その効果は2か月~3か月間効果が持続してお口の中の虫歯菌や歯周病菌の数は、かなり減少します。


手術当日も、1人につきインプラント手術時間を23時間確保し、最初の30分くらいはインプラント術前のクリーニングを再度行います。

それによりもう一段、細菌感染によるリスクが減ります。

また、歯槽骨に影響を与えるような進行した歯周病は、前もっての治療は当然必要といえます。

普通の歯周病の場合でも治療により、歯石の除去やお口の細菌叢(嫌気性菌)の状態の改善が必ず必要となります。

インプラント隣接歯の歯根に根尖病巣がある場合にも術前の治療が必要で、根管治療を行います。

咬むことが出来ない状態になってしまっている場合には、仮義歯などにより、かみ合わせの状態を回復し、咬める状態にしなければいけません。

また、義歯の調整、歯周病の原因となる虫歯の処置などをあらかじめおこなうことでインプラント術後の歯が入るまでの期間の生活に影響が少なくなるようなインプラント手術前の治療計画を立てなければいけません。

インプラントの治療前にしなければいけないことって、たくさんありますね。

 

 

2011/11/08

歯周病治療が最も大切な治療です

こんにちはDr.Leeです。

 

お口の健康は大丈夫でしょうか?

歯を失う原因の1位は、「歯周病」です。

最近は、口の中の歯周病菌が体内に侵入し、血管を詰まらせるなど、歯周病が動脈硬化、糖尿病を悪化させるという全身への影響もわかってきています。

世界中の研究者は、体の血管のどこかに歯周病菌がいるに違いないと、探しているそうです。( 東京医科歯科大学の和泉雄一教授 談 )

歯周病の恐ろしさは、目立った自覚症状がないことです。
痛みもなくじわじわと蝕まれていき、多くの方が患っていても気づかずにいるのです。

歯周病菌そのものが症状を引き起こすより、体の防御反応で歯を支える骨まで溶かすのですが、歯がぐらついて慌てて歯医者に駆け込むころは、歯周病はかなり進行、しかも、一度失ったの骨を修復するのは難しいのです。



世界の疫学調査でも重度の歯周病によって
狭心症や心筋梗塞など心疾患のリスクは2倍、がん発症リスクも2倍、
妊娠女性の早産で低体重児を産むリスクは何と5倍との報告もあります。

予防と対策は、口の中を健康に保つことに尽きます。

ただし、毎食後に歯を磨いていても、歯垢(プラーク)が除去できていない人も多いのです。

「自力で汚れを完全に取り切るのは、限界があり」ます。

ですから歯周病対策として、歯科医院での定期的なクリーニングが必要なのです。

 

高齢になっても自分の歯で食べることがどれほど有効なことか、このことをお知らせすることが歯科医師側の取り組みとして必要だと思っています。

 

 

2011/09/06

歯周病に良く効く歯磨き粉について

よく聞かれる質問に
「歯周病に良く効く歯磨き粉って何ですか?」というのがあります。

この質問に対してどう答えるのか、いつも迷っています。
というのは
歯磨き粉よりも歯ブラシできちんと磨いたほうが効果的だからです。

つまり、お口の中の細菌は物理的にに除去することにつきるのです。
実は、私たちプロが治療する時もスケーラーという器具を使って
細菌を物理的に取っているのです。

しかし、歯周病に対してお薬を使っているのも事実なので
このお薬が何か言いたいと思います。

それは
「クロルヘキシジン」です。
殺菌効果が認められている唯一のお薬で、
かなり多くの歯科医院で使われています。

お薦めは、歯科医院でしか買えませんが
「ウエルテックのコンクールF」

市販されているもので
「エスエス製薬のラカルト」
「GUMのCHX洗口液」
などです。

必ず商品の後ろには
「クロルヘキシジン」と書いてありますので
注意して見てください。

最後に、
クロルヘキシジンにアレルギーのある方は注意が必要です。


2011/09/05

歯科はいつも細菌と戦っています。

こんにちは、DR.Yamaguchiです。

 

今年の夏も昨年同様、猛暑日が続くとニュースで言っていたのが

約一ヶ月前くらいでした。

電力不足というフレーズで節電志向が強くなり、

電気の大切さ、重要さを再認識していました。

 

歯科医院も電力に大きく依存しています。

だからこそ、小さいところからこつこつと節電しています。

 

歯は修復機序の無い組織です。

一度、細菌に感染してしまうと虫歯になり、徐々に崩壊していきます。

歯科医は細菌のコントロールに必死になっています。

インプラントも白いセラミックの被せ物も細菌感染してしまうと、

正常な状態を維持できません。

 

長期間、歯を維持する大切さを患者様が再認識していただけるように

メインテナンスを行っております。

また、口腔内の状態を観察したり、レントゲン診査、などを定期的に行い、

早期発見、早期治療を心がけています。

 

→歯科はいつも細菌と戦っています。についてはこちらをご覧ください。

 

2011/07/28

知覚過敏ってどうやって治すの?

こんにちは、DR.Yamaguchiです。

 

虫歯がないのに冷たいものがしみたり、歯ブラシを当てるとピリッと痛いときはありませんか??

もしかしたら、知覚過敏の可能性があります。

 

この症状で特徴的なのが「キーーン」という鋭い痛みがあり、

一過性の外来刺激によって誘発されます。

 

原因としてはブラッシング圧であったり、

歯周病であったり、

歯ぎしりであったり、

様々なことが考えられます。

 

そして、高頻度で楔状欠損がみられます。

このような場合はコンポジットレジンという白い詰め物で

対応します。

 

しかし、あまり歯がかけていないときは、知覚過敏のお薬を塗布することもあります。

様々な薬がありますので、一度、気になる方はお声をかけてください。

 

→知覚過敏ってどうやって治すの?についてはこちらをご覧ください。

 

 

2011/06/16

顎咬合学会に参加してきました。

こんにちはDr.Leeです。

 

先日、顎咬合学会という歯科の学会に参加してきました。

 

たくさんの会場で講演を行っており、また歯科の材料のメーカーの説明や紹介のブースもありとてもたくさんの人でにぎわっておりました。

多くの最新の情報が得られることは、このように学会,講演会に定期的に出ていないとできないことです。

今回は歯周病、インプラントの世界的にも画期的な情報を得ることができ、とても満足しています。

 

 

私は地方から参加している友人と共に歯科医療について語り合いながら、有意義な2日間を過ごしました。

 

 

学んだことを原田歯科クリニックにてご提供していきます。

 

 

2011/06/14

歯周病にはビタミンCが大切です。

きょうは歯周病にに関連のあるビタミンについてです。

ビタミンC(アスコルビン酸)が歯肉の出血を抑える効果をもつことは、実は昔から知られていました。

なぜ出血を抑えられるのかというと、歯ぐきのコラーゲン(歯肉線維芽細胞)をビタミンCが治してくれるからなのです。

歯周病菌が歯ぐきで炎症をおこすと、まず白血球が歯周病菌を攻撃します。

同時に白血球は攻撃ついでに自身の歯ぐきのコラーゲン繊維まで破壊してしまうのです。

その破壊されたコラーゲン繊維を修復するのがビタミンCです。コラーゲン繊維が治ると出血がとまり、歯ぐきが健康になっていくのです。

ですから歯周病予防としてビタミンCをとることをお勧めしています。

 

→歯周病にはビタミンCが大切です。についてはこちらをご覧ください。

2011/06/13

電動歯ブラシって本当にいいの?

普通の歯ブラシより宣伝で言っているように
電動歯ブラシのほうがいいのですか?

という質問を患者様からよく受けます。

その答えは
「No」です。

もっとも手があまり動かないなどの障害のある方や
とても不器用(失礼)な方を除いてです。

実は私も2年くらい、いろいろな電動歯ブラシを試しました。
はじめは、楽でいいなーって感じました。

しかし、数か月経過したところで
「あれ?磨けていないところがあるぞ」
って実感しました。

それでも電動歯ブラシでその汚れを取ろうとしましたが
取れることは取れるのですが非常に苦労しました。

結構、電動歯ブラシのほうが刺激が強い感じがしたので
磨けていると勘違いしていたのです。

ですから、患者様には電動歯ブラシを勧めてはいません。

これと同様の意見を多くの患者様からも聞いています。
決して安い買い物ではありませんから慎重に決めて頂きたいと思います。

 

→電動歯ブラシって本当にいいの?についてはこちらをご覧ください。

 

2011/06/03

歯周病によく効く「歯磨き粉」とは。

よく、歯周病によく効く「歯磨き粉」はありませんか?
という質問をうけます。

個人的に思っているのは
「ありません」っていう答えです。

しかし、それでは???になりますから
唯一効果があるのは「コンクールF」という製品ですと言っています。

コンクールFはクロルヘキジンという
抗生剤が入っているため、その効果が認められているものです。

しかし、抗生剤にアレルギーのある方には注意が必要ですから
歯科医師の指示にて使用するようにしてください。

お口の中の細菌数がかなり減ることが
実験にて証明されています。

しかし、いくらお薬を使っても
物理的に細菌を除去することにはかないません。

ですから、基本となる歯ブラシと
歯科医院での定期的なチェックは必ずお願い致します。

絶対にお薬に頼らないようにしてください。

 

→歯周病によく効く「歯磨き粉」とは。についてはこちらをご覧ください。 

2011/05/25

ページトップへ