日本臨床歯科医学会 全国支部長会


今週、日本臨床歯科医学会 全国支部長会がありました。

と言っても全国の会員のレベルアップのための勉強会です。
南は鹿児島から北は札幌の先生まで参加しました。

さすが支部長だけあって(私もですが、、、)ハイレベルです。

とても勉強になったのは最近新しい報告がある根管治療についてでした。

あまりにも最近の治療法すぎて
予後の報告がほとんどありません。

具体的には歯の神経を普通は取ってしまう状態でも
できるだけ神経の保存をしていくというものです。

これが実に納得できる治療法なのです。

歯の神経を取ることは歯の寿命を短くしてしまうことなので
とても大切な治療法だと言えます。

しかもその後の補綴や噛み合わせとの関連についても
データを出しての説明がありました。

世界の歯科界が進歩してきています。
DSC_0933.jpg

2017/05/19

神田祭

今週末は神田祭です。

もう1300年も続いているそうです。
すごいですね。
東京三大祭りに選ばれるわけです。

2年に一回のお祭りなので皆んな気合の入り方が違います。
私もお祭りの寄付をしました。
いくらかは言えませんが少し払わさせていただきました。

でも一町内で500万円くらい使ってしまうようなので
ほんのちょっとしか貢献できていませんが、、、

これからもずっと長く続けて欲しいので
これからも応援していきたいと思っています。

ところで神田祭の本を読んでいたら
普通「神田明神」と言ってますが
正式名称は「神田神社」だそうです。

でも「神田神社」って聞いたこともないんですが、、、
DSC_0931.jpg

2017/05/12

日本臨床歯科医学会での講演 in大阪


実は4月に大阪で二時間インプラントの講演をしてきました。
講演をしたのは「日本臨床歯科医学会」で250名の参加がありました。

この日本臨床歯科医学会はこれまで私が所属してきたSJCDという
スタディーグループが学会へと移行したものです。

全国で2000名の会員がいますからかなりの人数です。

今回の講演内容はインプラント周囲炎についてでした。
インプラント周囲炎とはインプラントの歯周病のことで
昨年はNHKで特集が組まれて放送されました。
なぜなら罹患率が高くこれから問題が多く出てくる疾患だからです。

しかし、NHKの放送は事実であったのですが
実は日本のインプラント周囲炎は諸外国より罹患率が低いんです。
この内容を放送して欲しかったですね。

日本の歯科医師の知識、技術は共に世界でもハイレベルにあるんです。
歯科医師はみんな頑張ってます!
IMG_20170402_153738.jpg

2017/05/02

ページトップへ