高知、合同例会。

2年に一回のSJCDの全国大会に行ってきました。
総勢500人の出席者でした。

二日間、症例のプレゼンがあり
私が会長の「東京SJCD」は一位、二位フィニッシュで最高の評価を受けました。

勉強会では世界最大の規模ですが、今後は「学会」へと移行することが決定いたしました。
これだけの規模ですから当然といえば当然なのですが、、、

今回で合同例会は10年目ですが
年々レベルが上がってきて一位をとることは、とてもとても大変なことです。

今回の合同例会終了後はすでに二年後は誰の発表にするのか
これも話題になっていました。

合同例会は懇親会もあって、それはそれは楽しい会でした。

ちなみにメーカーの方に写真を送っていただきましたので
それをアップさせていただきます。

一枚が私が挨拶しているところで、一枚が東京SJCDのメンバーです。
とても楽しそうに写っています(笑)。
SJCD合同例会.jpg東京SJCD.jpg

2016/07/22

SJCDの勉強会

SJCDの勉強会に行ってきました。

今回の内容はちょっと特殊でした。
歯の発生から進歩について聞いてきました。

何百万年も前のことですから推測も入っているのですが
とても面白い内容でした。

人間の歯の形もいろんな形があっての集合体であり
それが、どんどん理にかなった形になってきて今の歯の形になったのです。

逆に言うとそのような形を持った人間が元気に長く生きられるようになり
残っていったというほうが正しいのかもしれません。

気の遠くなるような長い時間をかけて今現在の歯があることに
我々人間は先人たちに感謝しなければいけませんね。

そういうことを今回学びました。
DSC_0257.jpg

2016/07/13

今度は「ヤモリ」が出ました。

前回は家の中にカナブンが出たことを書きましたが
今度は家の網戸に「ヤモリ」がいました。

こんなことを書くと、どんな田舎に住んでいるんだと
思われるかもしれませんが客観的にみると間違いなく田舎です(笑)。

今回のヤモリは夜に灯りを求めてきて、そのまま寝ちゃった?感じです。
日曜日の朝、台所の網戸の外にいました。

ところで「ヤモリ」はトカゲの仲間で「家守」とも書いたりします。
家を守ってくれるなんて感激ですね。

ヤモリというと「イモリ」との区別について知りたいところです。
イモリは両生類でカエルの仲間です。
「井守」とも書くようで井戸を守るという意味もあるようです。

両方とも可愛いですよねー。
嫌いな人もいるかと思いますが、そこは御勘弁を、、、
DSC_0234.jpg

2016/07/01

ページトップへ