家にカナブンが出た

私の家は千葉県のちょっと田舎的なところにあります。
ここ2-3年ですが夏に近くなると突然家のなかでカナブンが飛び始めます。

どこからこの大きなカナブンが来るのかわかりません。
家のなかで突然光に向かって「ブーン、ブーン」って始まるのです。

子供は怖がって捕まえません。
田舎で育ったのに、、、

しかし、私も妻も可愛いってすぐに捕まえます。
そして、写真をパチリ。
そのあと外に逃がしてあげます。
DSC_0231.jpgで、でも毎年なぜ家のなかに出てくるのかわかりません。きっと夏の間外に出している鉢植えの中に
潜んでいるのではないかと思っています。

ウチの夏の風物詩です(笑)。

2016/06/24

ニホニウムの作り方

新元素の「ニホニウム」が発見されましたが
どのように新元素を作ったのかはあまり知られておりません。

そこで簡単に御説明したいと思います。
と言っても、新聞に掲載されていたものですが、、、(笑)。

ニホニウムは亜鉛(30番)を光速の十分の一の速さで走らせて
ビスマス(83番)にぶつけて合成します。
原子核はとても小さく、近づくと反発してしまい合体しないからのようです。

そして、そのぶつける速度はうまく調整しないといけないそうです。

それでも、400兆回トライして3回しか成功しなかったとのことです。
気の遠くなるようなお話ですね。

しかも理科学研究所は119番以降に挑む装置をほぼ完成させたとのことです。

頑張れニッポン。
DSC_0224.jpg

2016/06/17

今、火星が凄く綺麗に見えます

火星が地球に接近中で、最接近は5月31日でした。

しかし、今でも地上から見える大きさも大きく、凄く輝いています。
そして、よーく見るとちょっとオレンジ色に見えますね。

スマホの写真でもはっきり映るくらいのレベルです。
肉眼ではもっと綺麗に見えますよ。

晴れた日には、是非、南東の空を見上げてみて下さい。
土星やさそり座のアンタレスとともに、ひと際、輝く火星が見られます。

火星の明るさは-2等と、1等星のアンタレスよりも圧倒的に明るく、夜空で一番の輝きとなっています。

子供の頃、天体望遠鏡でよく夜空を見ていたので
よく火星も見ていました。

しかし、ここまで大きい火星は初めてです。

是非、天体望遠鏡で見てみたいのですが
今は持っていないので残念です。

そうえいば、そのころ見た星で一番感激したのは
輪っかのある土星でした。

見た瞬間に
「わおーー」って声が出てしまいました(笑)。
DSC_0220.jpgDSC_0223.jpg

2016/06/10

湯島天神のお祭り

先日、友人と湯島の居酒屋さんに行ってきました。

途中でライトアップされたお神輿が飾ってあったので
何かのお祭りがこれからあるのだなと思ったのですが
居酒屋さんに行って聞いてみたら
「湯島天神のお祭り」とのことでした。

湯島天神は田舎から出てきて大学を受験した時も行ったところです。
もうかれこれ数十年、、、実は40年前(笑)。

実は、その時の御利益があって今の自分があります。
感謝、本当に感謝です。

懐かしいと共に改めてお礼のお参りをいたしました。

(後の写真は湯島天神のサイトから頂いたものです。)

DSC_0211.jpgmikoshi3.jpg

2016/06/05

ページトップへ