ヨーロッパ インプラントツアー (1)

実は12月の医院の改装中にヨーロッパに行ってきました。
目的はヨーロッパのインプラント専門医の医院見学のためです。

一番参考になった医院はパリのDavid先生のところでした。
彼はパリでも有名な歯科医師で大学でもインプラントの講義をしています。
見学に行った時は勤務医の先生とわざわざ来てくれた先輩の先生が一緒でした。

見てのとおり、かなりモダンな医院です。
パリでも高級な人達が住んでいる場所だということでした。

とにかく、プライバシーに気をつかっていて個室のみの診療です。
あとは歯科治療の器具が一切見えないようにしてあり診療台が無ければ歯科医院には見えません。

院長室兼診査ユニットが置いてある室にはピカソが描いたような素敵な絵がありました。
パリらしくていいなと思いました。

通訳がいなくて私のつたない英語でしたが十分に先生達の意図するところが分かりました。
そして、今回はスイスのビエンエア社の社長さんを含め3人の社員の方達に医院に同行していただきとても御世話になりました。

皆さんの御好意によって充実した内容となったことを感謝申し上げます。PC174145-2.jpg

2015/01/27

あけましておめでとうございます!

2015-01-05 12.24.54.jpgあけましておめでとうございます。

大変御迷惑おかけしておりました改装が終わりました。
これからは以前にも増して患者様のために努力していこうと思っておりますので
どうぞよろしくお願いいたします。

ところで「全面」でしたが「改装」しただけなのに
写真のように立派なお花をいただきました。

人生初の大きな「お花」です。
正直びっくりしました。
しかも歯科界では最も「ビッグ」なところからでした。
一瞬、芸能人になったような気がしました(笑)。

ちょっと舞い上がってしまいましたが
気持ちをいただいたと思っております。
新年早々とても嬉しい気持ちになりました。

皆様にとって今年が今までにない良い年になるようお祈り申しあげます。

2015/01/05

ページトップへ