インプラントの最先端の研究

現在、インプラントの最先端で行なわれているのは、いかに血液がインプラントになじんで浸透するのかということです。
下の写真を見ても分かるかと思いますがインプラントに血液がなじんでいるものとそうではないものがあります。
最初に血液になじんでいるとインプラントと骨との結合が良くなります。
つまり、インプラントに骨の細胞が多く結合するようになるわけです。
これによってインプラントが長期に渡って安定しやすくなるのです。
現在、わたしの使っているSPIシステムもこのような血液になじむインプラントです。
インプラントの種類によって大きく違いが出てくるのはこういった理由もあるのです。
PA182551.jpg

2014/04/23

ページトップへ