歯ブラシによるインフルエンザ対策です

みなさんは朝の歯磨きは朝食前と朝食後のどちらにやっていますか?

 
この問いに対して、ひとつの答えを与えてくれるのが、

『起床直後の、家族全員による、ていねいな歯みがきによって、インフルエンザ治療薬(タミフル、リレンザ)の処方量が激減した』

という川合満先生の報告です。
 
ほとんどの患者さんは、「就寝前にしっかりと歯をみがくことで、起床直後の口腔内は比較的、清潔に保たれている」

という誤った認識を持っていると思います。
 
川合先生は、就寝後にだ液の分泌量が減ることによって、ものすごい勢いで増えた細菌が出す「タンパク分解酵素」が大きな問題だといいます。

インフルエンザウイルスの表面には、タンパク質でできた突起があります。この先端はU字形で、通常では特に悪さはしません。

ところが、細菌が出す大量のタンパク分解酵素と出会うと、U字型が裂けて、先端が針状になってしまいます。

その結果、インフルエンザウイルスは、わたしたちの正常な細胞に刺さり、細胞内に侵入してくるのです。これがインフルエンザに感染する仕組みです。

歯みがきをせずに朝食をとると、口の中の細菌は、食べ物とともに飲み込まれていきます。

しかし、飲み込まれる途中、その一部は粘液にへばりついて、口の中や喉にとどまるのです。

そして、それらの細菌にインフルエンザウイルスがくっつき、呼吸とともに、肺のなかに吸い込まれて感染が起こるのです。

インフルエンザを予防するためにも朝起きたあとはすぐに歯を磨くようにしましょう。


 
   

2013/01/29

ファーストフードは便利ですが、、、

こんにちは。

歯の調子はいかがですか?


小児の週3回以上のファーストフード摂取が,喘息や鼻炎・結膜炎,湿疹に関連するとの報告が掲載されました。

喘息や,鼻炎・結膜炎,湿疹の悪化には食事が重要な役割を果たすことが知られています。

 

今回の研究では世界51カ国,1314歳の319,000人と31カ国,67歳の181,000人に,

本人または保護者を対象としたアンケートを実施。喘息,鼻炎・結膜炎,湿疹の状況

および過去1年以内の食事内容に関する質問への回答に基づき解析が行われました。

その結果ファストフードの週3回以上の摂取が唯一,1314歳,67歳の両群で重度喘息が

有意な上昇に関連したとのことでした。

 

最近は共働きのご夫婦も増えてきて食事の準備も大変だとは思いますが,

なるべくお子さんに手作りの食事を食べさせて健康を管理するようにしましょう!! 

2013/01/23

どうぞ雪に御注意ください

こんにちは,Dr.山本です。

 

昨日はすごい雪でしたね。まさかこんなに積もるとは思いませんでした(@_@

久しぶりに家から一歩も出ない日でした。

お仕事の方は大変だったと思います。お疲れ様でした。

 

今日もかなり雪が残っているので時間に余裕を持って怪我しないように気をつけましょう!

2013/01/15

東京マラソンが近くなりましたが、、、

こんにちは,Dr.Yamamotoです。

 

新年明けましておめでとうございます。

今週から診療が始まりました!今回の冬休みは長期でした。

休み中に走ろうと思ったんですが,寒すぎて全然外にでれませんでした。

来月東京マラソンがありますが・・・ちょっと不安です。

 

原田歯科に勤めて9ヶ月が経ちました。

長く感じるかなと思っていましたが,あっという間に年を越してしまいました。

今年も日々勉強を惜しまずやり,患者様に還元できたらと思います。

今年もよろしくお願いいたします。

 

 

2013/01/09

あけましておめでとうございます

あけましておめでとうございます。
 今年こそ日本が本当に良い年になるように祈っております。

 今年は今日から診療が始まりました。 
長いお休みを頂いたので御迷惑おかけしたことと思います。

ここ数年インターネットで医院での診療内容を詳しくお伝えしてきたつもりでしたが、
どうも まだまだ伝わっていないところがあるようです。

これは患者様からの御指摘でした。
 改善するように日々努力したいと思います。 

今年も原田歯科クリニックは
「歯周病」
 「インプラント」
に力を入れていきたいと思います。

この2つを勉強しておりますと意外ですが他の全く違う分野の知識も入ってきます。

 一つ二つといった少ない分野だけではなく多くの分野の知識、技術を持った「スーパードクター」を目標にがんばりたいと思います。

どうぞ、今年もよろしくお願いいたします。       

                                                       原田歯科クリニック            
                                                                                             原田 和彦

2013/01/07

ページトップへ