東京インプラントアカデミートップ > 院長ブログ > 酸蝕症にならないための知識

酸蝕症にならないための知識

こんにちは、DR.Yamaguchiです。

 

以前に少し話題にしてこのBLOGにも書きましたが、酸蝕症についてです。

 

酸蝕歯とは、

フルーツやワイン、果汁、炭酸飲料、ビタミンCの顆粒など、酸性の飲食物を摂り続けること、また、胸やけなどで胃酸が口の中に出てくることによって溶けてしまった歯の状態をいいます。
 

歯がしみる、歯が減ってきた、歯が欠けやすい、歯の色が黄ばんできた、という人は注意が必要です。

原因は、普段誰でも口にするものばかりです。

 
食後すぐの歯磨きをすると酸蝕歯のリスクが高くなります。

それは、食後は酸の働きによって、アルカリ性の歯の表面が溶けて柔らかくなっていますが、その状態で歯磨きをすると、歯が擦り減ってしまうからです。

しかし、放っておくのも歯によくないのでは?と思われますが、唾液の役割が深く関与します。

唾液には酸を中和する成分と、歯の成分であるカルシウムなどが含まれています。

食後、1時間くらい経てば酸を中和し、唾液中のカルシウムが歯の表面に付着して、溶け出した歯の表面を補ってくれます。これを唾液による『再石灰化』作用といいます。

だからといってプラークが長時間付着しているのもよくありません。

しっかりとプラークを除去するように歯磨きをおこない、過度のブラッシングは避けましょう。


また食事の間隔が短い場合やダラダラ長い時間食事をしていると、この再石灰化が行われずに口腔内が酸性になり歯を溶かしていきます。

 

正しい知識と正しい方法を身に着けましょう。

 

2012/05/10

前のページへ

次のページへ

ページトップへ