虫歯でなくても歯に穴があくことがあります。

こんにちは、DR.Yamaguchiです。

 

虫歯が原因でなくても歯の侵食が起こることがあります。

酸蝕症って聞いたことありますか??

 

慢性の胸焼け(heartburn)の原因となる胃食道逆流性疾患(GERD)では、

食道を逆流した酸が口腔内に流入し、歯に重大な損傷を与えることが新しい研究で明らかになりました。

GERD
患者を6カ月間追跡した結果、同疾患を有する患者のほぼ半数では健常者に比べ、歯の摩耗および侵食がはるかに悪化しており、最終的に歯が薄く鋭くなり、孔があくこともあるとのことです。


GERD
は酸逆流症としても知られ、酸を含む胃の内容物が食道内に漏れ、

口腔内に逆流し、灼熱痛を引き起こすことも多いです。

一般的にみられるGERDが、歯の損傷を引き起こすという認識を高めていかなければならず、歯科医が歯の侵食を認識していても、一般の人は知らないことが多いのです。


胃酸は、歯の表面を直接溶解させたり、歯の表面を柔らかくするほど強力です。


唾液は優れた身体の防御メカニズムを備えており、緩衝能力で酸を中和すると同時に、
少量のカルシウムおよびリン酸を含み、歯の損傷を低減できます。

しかし、唾液にも限界がありますのでフッ化物で口内洗浄することを勧めています。


また、口腔内の酸の減少にキシリトールガムも有効であるとしています。

 

2012/03/29

妻が作ったアレンジですが、、、

きょうは受付に置いてある「アレンジ」についてです。
下に写真があります。
作ったのはウチの女房です。

普通はフラワーアレンジというのをよく聞くと思いますが
これは天然の素材を使ったものでお花自体は少ないのです。

ちなみに、この作品には八角やシナモン、松ぼっくりなどを使っています。
やはり天然の素材っていいですよね。

この中には球状の土台があってそれに一個一個刺していき
このような形にしていっているようです。

この作品だけではなくもっと多くの作品があります。
季節によって変わってきますが
クリスマスだったりお正月だったりいろいろです。

このアレンジを教えている先生はこの素材を
ドイツまで買いにいっているとも聞いています。

とにかく楽しい趣味を持っているっていいですよね。


2012/03/27

ウチで飼っているラブラドール15歳です。

きょうは春の冷たい雨です。
でも花粉が少ないので、その点はgoodです。

初めて写真をアップしています。
この犬はウチにいるラブラドールです。

年は15歳でもうかなりの老犬です。
名前はラヴィーで、雄です。

家族でペットショップへ行きハムスターを買うつもりが
なんと衝動買いでラヴィーを買ってしまったのです。

小さいころはかなりやんちゃで
階段の木の部分がかじられてなくなったり、、、、でした。

でも今はとてもさみしがり屋で
とてもかわいいです。

なんとか長生きしてほしいのですが
ちょっと足もとが微妙な今日このごろです。



2012/03/23

花粉が多くなってきましたね。

こんにちは、DR,Yamaguchiです。

 

花粉が多くなり、マスクをしている方が多く見られます。


歯科診療では、お口を開けている状態が長く必要になることがあり、

この時期は花粉症の方は大変です。


もちろん様々な取り組みを行い花粉症の方でも、きちんと診療を受けていただけるようにしております。

 

さて、先日の土曜日曜に勉強会に参加してきました。

補綴治療の考え方についての講義を受けてきました。


補綴治療とは、被せ物(クラウン)、ブリッジ、インプラントなどの方法によって、

虫歯で大きく傷ついた歯を修復したり、歯周病などで歯を失ってしまった時に、

人工的な素材を使って歯の形態や歯ならびを復元し見た目、発音、咀嚼などの機能回復させる治療のことをいいます。


最新の技術、材料から今までの治療法の長所短所、また今後どのような方向に向かっていくのかを学んできました。


口腔内の様々な状況に対応できるようにしていきたいと思います。

2012/03/22

歯周病を予防する歯磨き粉

よく、歯周病を予防する良い「歯磨き粉」はありませんか?
という質問をうけます。

個人的に思っているのは
「ありません」っていう答えです。

しかし、それでは???になりますから
唯一効果があるのは「コンクールF」という製品ですと言っています。

コンクールFはクロルヘキジンという
抗生剤が入っているためで、その効果が研究にて唯一認められているものです。

当然、細菌を少なくしますから虫歯にも効果的です。

テレビで宣伝しているものよりは、かなりの効果が期待できます。

しかし、抗生剤にアレルギーのある方には注意が必要ですから
歯科医師の指示にて使用するようにしてください。

お口の中の細菌数がかなり減ることが
実験にて証明されているものなのですよ。

しかし、いくらお薬を使っても
物理的に細菌を除去することにはかないません。

ですから、基本となる歯ブラシと
歯科医院での定期的なチェックは必ずお願い致します。

絶対にお薬に頼らないようにしてください。

 

→歯周病を予防する歯磨き粉についてはこちらをご覧ください。

2012/03/16

歯周病の再発について。

治療しても治療しても
歯周病がいつも再発してしまうっていうことありませんか?

一度きれいに治ったと思ったのになぜ?
と思いませんか?

もしかしたら、きちんと治っていなかったのかなーって
思ってしまうかもしれませんね。

このようなことが多いのが歯周病の特徴です。

歯周病の原因は細菌です。
しかし、人それぞれ細菌の種類や数が大きく違います。
プラス、 唾液の性質や量の違いもあります。

当然、歯茎の構造も皮膚と同様に
上皮が薄かったり厚かったりということもあります。

つまり、歯周病になりやすい人は治癒したとしても
また、歯周病になりやすいのです。

このことを専門的には「リスク」と言って
そのひとが一生変わらない傾向とみています。

その対処法は定期的なクリーニングしかありません。
それも三ヶ月に一回です。

これを一生続ける必要があります。

えー、そんなことしなければいけないんですか?
と言われそうです。

しかし、男性であれば「床屋」に1-2ヶ月に一回は行ってますよね。
それも一生行かなければいけないのです。

それと同じではないでしょうか?

欧米では歯が一本ないことと指が一本ないことと
大きな違いはないとまで考えています。

とにかく、お口の中のクリーニングがポイントです。

 

→歯周病の再発についてはこちらをご覧ください。

2012/03/15

慣れることの本当の怖さとは、、、

こんにちは、DR.Yamaguchiです。

 

昨日もまた地震がありましたね。

この一年で多くの地震体験をしました。


そして、3.11が起きる前は、「そんなに大きな地震はこない」や震度3くらいでも恐れていたのが、


最近では地震が来るのは当たり前、震度表示に少し慣れてきて「あっ、このくらいなら大丈夫かな」という感覚になってきてると思います。


慣れってこわいなぁとつくづく思います。

 

お口の中もそうです。

歯ブラシをして歯肉から出血がある、なんだか歯に違和感がある、最近よく歯がしみる、たまにズキッと痛む時がある。


このようなシグナルを見落としていませんか??


そのままにしていてもご飯は食べれるし、生活にはあまり支障がないと思っていると
必ず症状は悪化します。

 

症状が悪化する前に定期健診で早期発見早期治療を行いましょう。

 

2012/03/15

インプラントの講演をしてきました。

きのうはインプラントについての講演をしてきました。
一時間ちょっとで、今回は論文を多く引用しました。

普段は症例の発表に近いものですが
やはりデータをもとに臨床をしているところがないと
どうも説得力に欠けます。

難しかったのは論文の選択です。
ものすごい数の論文が出ていますから
題目を見るだけでも時間がかかります。

それから内容を読むわけですから大変です。

ただし、論文を読んでくると、ある一定の方向性が見えてきます。
本当に正しいのは何なのかが見えてきます。

このような講演をして一番勉強になるのは
実は自分なのかもしれませんね。

2012/03/12

インプラント治療は日々進歩しています。

こんにちは、DR.Yamaguchiです。

 

なんだかスカっと晴れない日が続きますね。

先週の日曜に所属するSJCDの例会に参加してきました。


インプラントについての講義を聞き、後半は4名の会員発表でした。

多くの新しいトピックを拝聴できてとても有意義でした。

 

インプラントについての講義は今までの臨床経験、エビデンスを元に

今後のインプラント治療の未来について講演され、

「知識や様々な情報は常に新しいものに変わっていき、

時代の流れに敏感でアップデートしていかないと取り残されたしまう。

一番怖いのは現状維持でありかわらないこと。」

ということを強調しており同感しました。

 

また後半の会員発表も素晴らしい症例で質疑応答の時の熱気がすごかったです。


このように新しい技術や情報を身につける努力は大変ですが、とても重要ですね。

 

 

2012/03/08

歯科と関係ないですが、、、

きょうは暖かいですね。
気温が20度近くまで行きそうです。
そうなると花粉も多くなる???

最近、外食で何回か「てんぷら」を食べました。
必ず思うのは
「なぜ、こんなにカラッと揚がるの?」とういことです。

あと、スーパーとかでも売っているものもそうです。
当然やり方があるのでしょうが
是非教えてほしいものです。

こう言うと何もしてないようですが
ネットで調べたりはしています。

歯科とは全く違う話ですが
どなたか教えてください。

何か良い方法があるのではないかと思っております。
 
ふと思ったのですが
なにでもそうですが一度何かをマスターすれば
一生ものですよね。
 

2012/03/06

ページトップへ