インプラント治療成功のための要素とは。

こんにちは、DR.Yです。

 

急に暖かくなり、体調がなかなかついていけません。

明日からはGWというのに世間は行楽気分ではありません。

 

インプラント治療の成功に必要な要素って何があると思いますか??

医学的にはいろいろありますが、

その前に患者様、歯科医師、歯科衛生士の理解と協力が必要なのです。

 

インプラント治療は、緊張感のある治療で最終補綴物を入れるまで長期間かかります。

そのため、患者様との双方向の信頼関係が不可欠です。

協力が十分に得られ最後に笑顔が見られた時、

初めてこの治療の成功と言えると思います。

 

この協力の中に「炎症のコントロール」があります。

術後はもちろん、実はインプラント埋入の前に歯肉の炎症などをすべて除去していないといけないのです。

術前からブラッシングの習慣、正しいケアの仕方を実践しなければいけません。

 

正しい口腔内ケアをすることによって、きれいな歯を長持ちさせましょう。

 

 

→インプラント治療成功のための要素とは。についてはこちらをご覧ください。

 

2011/04/28

「コンポジットレジン」って何?

「コンポジットレジン」って知っていますか?
歯科医院では「CR」などと言っています。

分かりやすく言いますと
前歯が虫歯になった時に使う「歯の色と同じ色の白い詰め物」
のことです。 

CRは前歯だけではなく「奥歯」にも詰めたりします。
昔は強度が低くて、とてもとても無理でした。

歯科材料の開発に関して日本は世界でも
トップクラスにいます。

このようなCRにおいても海外で発売されており
多くの分野で高い評価を得ています。

しかし、全てにおいて優れているかといえば、そうではありません。
例えば、いま私が使っている診察台は日本製ですが
その一部には海外製の部品も多く使われているのです。

つまり、世界の単位で考えるとほとんど国境がない感じです。
ただし、各国で国の基準が違いますから
審査が通らなければいけないということがあります。

そ、そーいえばiPADも日本製のモニターを使っているようですね。
震災の影響が出ていて生産が遅れていると聞いています。

世界単位で良いものが手に入ることは、とても良いことですね。

2011/04/27

具体的な口臭治療について。

こんにちはDr.Lです。

 

 

最近、口臭を主訴に来院される患者さんが多くいらっしゃいます。

 

 

他院で歯石など取ってもらったが変わらないと来院される方もいらっしゃいます。

 

 

口臭の原因は約7割以上が歯周病によるもの、いわゆる歯石が原因で起こります。

残りの理由として内科的な問題でしたり心因性の理由があげられます。

 

 

当院では始めに原因をつきとめるために検査を行い、歯周病が原因であれば徹底したプロフェッショナルクリーニングを行います。

 

被せ物の不適合が原因であれば精密な適合の物に被せなおしたりと治療を行っております。

 

やはり歯石を取るという技術がとても大切ですので、当院歯科医師はもちろん衛生士も研鑽を積んで治療にあたっております。

 

皆様も安心してご相談ください。

 

 

→具体的な口臭治療について。についてはこちらをご覧ください。

 

 

2011/04/26

英会話の勉強を始めました。

もうすぐゴールデンウィークに入りますね。
歯に不安のある方は早めに御連絡ください。

長い休みの前や後は、どうしても予約が混んでしまいます。
せっかく御来院頂いても、あまり時間がとれないことがありますので、お許しください。

ところでゴールデンウィークの予定はもう立ててありますか?
わたしは、インプラントの本を一冊読むことくらいです。

一年で最も良い季節なのに、、、

そ、そういえば最近、英会話の勉強を始めました。
特別どこかへ行って習っているわけではありません。

恥ずかしいのですが
NHKのラジオ英会話講座(インターネットで聞けます)を聞いているだけです。

しかもテキストも買っていません。
でも、でも、すごくよく番組が出来ていますので、無くてもいいくらいです。

とにかく、簡単な英語でも発音を正確に知っていないと
何を言っているのか分かりません。

それが聞いているだけで、分かるようになってきます。

高い費用を出して英会話を習う必要がないのです。
いい番組をネットで見つけました。 

2011/04/25

痛みや腫れがなくても必要な治療があります。

虫歯、歯周病ではなく、痛みもない歯でも
絶対に治療が必要なことがあります。

神経を取った歯で根管治療をしていない場合です。
根管治療が不十分な時も同様です。

このような場合の多くが歯の根の先の部分に
化膿している箇所があります。

通常、痛みや腫れはありませんが
たまに、急性発作を起こして痛みや腫れが出てきます。

症状があまりないため
そのまま10年くらい経ってしまっている場合も多いのです。

しかし、そのような時には
化膿している部分が大きくなっていて歯を抜くことになります。

とても残念なことです。

10年も歯科医院に来ていないということは
イコール、歯に問題がないということではありません。

当然、定期的なチェックをすべきだったわけです。
分かっていても痛みや腫れがないと、まず歯科医院には
なかなか行くことはないとは思いますが
是非、勇気を振り絞ってチェックを受けてみてください。

春はこのような検診の季節でもありますから、、、

 

→痛みや腫れがなくても必要な治療があります。についてはこちらをご覧ください。



2011/04/22

インプラントの手術は短時間で痛くない。

こんにちは、DR.Yです。

 

先日インプラントの埋入のオペをしました。

右下の奥歯に一本のインプラント埋入です。

 

しっかり診査診断を行い、初期治療をすませていたので、

オペ時間は30分程度で、術前のクリーニングや術後のレントゲンによる説明などをいれても

全体で2時間程度ですみました。

 

単純に時間の問題ではないのですが、しっかり準備すれば

短時間で低侵襲で行うこともできます。

 

きちんとしたインプラントの知識をお持ちでない患者様は、

痛いんでしょ、手術に半日くらいかかるの、すぐにだめになるんでしょ、

というイメージをお持ちになっている方が多くいらっしゃいます。

 

どの場所に埋入するのか、何本埋入するのか、どのくらい骨があるのかによって

オペの難易度は変わりますが、

安全にインプラント治療を行えるシステムが確立してきています。

 

一度、インプラントについての説明を聞いてみてはいかがですか??

 

 

→インプラントの手術は短時間で痛くない。についてはこちらをご覧ください。

2011/04/21

片方だけで噛んでいると顔の形が変わる?

片方だけで噛んでいると顔の形が変わるんでしょうか?
今日、患者様からこのような質問を受けました。

答えは「はい」です。
なぜなら、噛んでいないほうの顔に噛む筋肉がなくなってきてしまうからです。

たとえば、片方の足を骨折して2-3ヶ月使えなかったとします。
骨折が治ったときには「左右の足の太さ」が違うはずです。

このように人間は左右に機能の「差」を生じてしまうと
筋肉にも大きく影響を与えてしまいます。

また、片方だけで噛んでいますと
噛んでいるほうの歯が負担過剰となってしまいます。

当然、歯にとっても良くないことです。
それに食事がおいしくありません。

実際には何もいいことが無いわけですね。

このことは奥歯がなくて前のほうで噛んでいる時も同じです。
奥歯がないと前歯のほうで噛むことが多くなります。

このように前歯のほうで噛んでしまう「癖」があると
上の歯が前のほうに出てきてしまう傾向が出てきます。

つまり、出っ歯っぽくなってしまうのです。

どうか御注意ください。

2011/04/20

転勤で集中治療を希望される時には、、、

こんにちはDr.Lです。

 

4月になりまして、海外転勤などの関係で1ヶ月間で問題のある歯をできるかぎり治して欲しいと言われる患者さんが何人かいらっしゃいました。

 

毎年この時期になりますと何人かそのような患者さんが来院されます。

 

虫歯や歯周病などのリスクが少ない患者さんはなんとか終わらせることができますが、リスクが多い患者さんにはどこまで手をつけていいか迷ってしまいます。

 

1回の診療時間を長く取り、患者さんと治療のプランを立てた上で出来る限り対応させていただいております。

 

普段からの検診や初期治療の大切さを皆様改めて感じていらっしゃいました。

 

2011/04/19

インプラント治療の具体的なメリットとは。

今日、7年前にインプラントを入れた患者様が来院されました。
現在79歳、まだまだ御元気です。

お話をお聞きすると
「おいしいものを食べることが一番の楽しみです」
と言われました。

あとは、お買いものです。
人生を常に前向きに楽しんでいらっしゃるのがよく分かります。
このような方は、お口の中のことに関しても
とても注意をはらっておられます。

その結果でしょうか
現在、歯の欠損は一本だけです。

治療箇所はどちらかと言うと多いほうなのですが
定期健診も忘れず来ていらっしゃるので「おみごと」と言うしかありません。

実は70歳を超えてからのインプラント治療でしたから
御本人は、あまり積極的ではありませんでした。

しかし、今ではインプラントで噛むことのほうが多いということでした。
治療前には、そこで噛むことができないと困っておられたのにです。

改めてインプラントのすばらしさを実感することができて
嬉しく思いました。

 

→インプラント治療の具体的なメリットとは。についてはこちらをご覧ください。 

2011/04/18

最も感謝されたインプラント治療とは。

インプラント治療のメリットが大きく出てくる場合があります。
今回、遭遇したのはブリッジのトラブルにおいてでした。

ブリッジというのは1-数本の欠損を歯の支台で支えるタイプの補綴です。
しかし、問題もあります。

最も重要な点は支えている歯の動きが微妙にちがうことです。
この動きの違いによって「ブリッジ」を接着しているセメントが外れてしまいということが起きます。

この、外れるということはイコール、ブリッジのやり直しになってしまいます。
致命的な欠点と言われるところです。

しかし、欠損部においてインプラントを使用すると
この「外れる」という現象は無くなってしまいます。

しかも、歯(インプラント)の数が増えるため
力学的にも有利になります。

このようなブリッジにおいても
インプラントの優位性が多く存在しています。

インプラントは、あと「入れ歯」を固定するためにも
使いますが

今まで最も感謝されたインプラント治療は、この入れ歯の固定に使った
インプラントでした。

今まで、あまり噛めなかった入れ歯が急に「バリバリ」と
なんでも噛めるようになるわけですから、とても気持ちのいいことですよね。

 

→最も感謝されたインプラント治療とは。についてはこちらをご覧ください。

2011/04/15

ページトップへ