歯周病を根本的に治す方法について

最近、歯周病をお薬で治す治療法を採用している歯科医院が
増えたように思います。

先日、他の医院の歯科衛生士と話してたときも
歯周ポケットにお薬をいれることが日常的になっているとのことでした。

またレーザー治療も同じことが言えます。
一時的に健康になったように見える治癒をしますが
実は「根本的な原因」を除去していないのです。

つまり、再発、何度も同じことを繰り返してしまうことになってしまいます。
歯周病の治療とは細菌の「除去」が基本であり
細菌を「殺す」ことではありません。

除去はなくしてしまうことであり
お薬での殺すは「滅菌」つまり全部の細菌を殺してしまうことではありません。
部分的に細菌を殺しているだけです。

その点を間違えないようにしてください。

 

→歯周病を根本的に治す方法についてはこちらをご覧ください。

2010/07/30

簡単な虫歯になりやすいかどうかのチェック法

確率的には少ないのですが
虫歯で歯をどんどんダメにしていってしまう患者様がいらっしゃいます。

それも三ヶ月に一回の定期検診をしていてもです。
非常に「カリエスリスク」が高いのです。

ここまでではなくても「カリエスリスク」の高い方は
多くいらっしゃいます。

まず、自分の歯をみてください。
簡単ですが「下の奥歯8本」で虫歯の治療が3本以上してありますか?

ある方はリスクが高いと思ってください。
今、お口のなかに虫歯があるかもしれません。

小さい虫歯には全く症状は出ません。
あと虫歯の多くは歯と歯のあいだにできることが多いので
目に見えないことが多いです。

虫歯にも当然注意が必要です。

 

→簡単な虫歯になりやすいかどうかのチェック法についてはこちらをご覧ください。

2010/07/28

無料の区の歯科検診でさえ受診率が低い?

先日、友人と話をしていた時に
「歯医者」ってなんにもなくても行くものなんですか?
って質問されました。

私の答えは
「半年に一回は、何もなくても行くべきです」
でした。

そのあと友人が区の人間ドックは一年に一回行ってるけど
「歯科の人間ドック」のほうは行っていないとのことでした。

同じ無料の検診なのに、どうして歯科は行かないのでしょうか?

千代田区でも歯科の無料検診をやっています。
しかし、毎年来られる方が決まっているように思います。

歯科の検診を受けられる方は全体の何パーセントくらいなのでしょうか?
おそらく、かなり少ないと思います。

一年に最低2回は歯科検診を受ける習慣を身につけましょう。

 

→無料の区の歯科検診でさえ受診率が低い?についてはこちらをご覧ください。

2010/07/26

暑い日が続くと免疫力が落ちますので注意してください

最高気温35度の日が続いても
患者様のキャンセルがほとんどありません。

「感謝」のひとことです。

医院のなかのエアコンもフルに使っていて
しかもサーキュレーターで風を起こしてより「快適」にしています。

治療を受けていますと普通より暑くなってしまいますから
そのことにも配慮しております。

こんな日が長く続いてしまいますと
体力が低下してきて「歯茎」が腫れてくる患者様が多くなりそうです。

免疫力がどうしても落ちてきますから、弱いところに
症状がでてきてしまいます。

無理をしないで食事もバランスよくとることに注意してください。
こんなときは、まずは体、つぎに歯に気をつけていただきたいと思います。

 

→暑い日が続くと免疫力が落ちますについてはこちらをご覧ください。

2010/07/23

勉強会(SJCD)の全国大会に行ってきました

7月18,19日には所属する勉強会(SJCD)の全国大会が仙台で行われました。
仙台の最高気温が32度。
こちらと、たいして変わりませんでした。

2年に一度SJCDでは全国大会をします。
地方の各支部から代表者を出して発表をします。

今年も20名近くの発表者がいました。
最後には1-3位の受賞者が決まります。

しかし、臨床のレベルが毎回あがってきていて
本当にガンバッテ治療をしていることが手にとるようにわかるので
全員に賞をあげたいくらいでした。

賞をもらった人ともらえなかった人の違いは

治療の技術というよりは
「診査、診断、治療計画」がきちんとしていて
その通りに治療が進められていたかどうかというところだったのではないでしょうか。

治療計画を立てた「根拠、理由」が「要」ということが言えたと思います。

 

→勉強会(SJCD)の全国大会についてはこちらをご覧ください。

2010/07/20

インプラントメーカーを選択する基準について

インプラントのメーカーって全世界でどのくらいあるのでしょうか。
日本国内で使われているメーカーだけでもたくさんあります。

その選択基準は一体何なのでしょうか。
疑問に思われるかたも多いのではないでしょうか。

多くの歯科医師に聞いてみますと

1、数多く使われている。
2、ブランド。
3、値段が安い。
4、教育のシステムがしっかりしている。
5、優秀な営業マンがいる。
などいろいろです。

しかし、それ以外に各インプラントには必ず「特色」があります。
つまり、一見同じようにみえますが、かなりの違いがあるのです。

そのインプラントを開発した目的をしっかり勉強するべきです。
そうしないと途中でこんなはずじゃなかったということになりかねません。

わたしは、世界標準である
「サンドブラスト、エッチング」を選択しています。

もう20年以上このタイプを使っていますが
トラブルが他のインプラントに比べ本当に少ないのです。

毎年、改良がすすめられていますが
根本的には、ほとんど完成されています。

そのインプラント名がSPIでありストローマンです。

 

→インプラントメーカーを選択する基準についてはこちらをご覧ください。

2010/07/16

医学的に「強い」とはどういうことでしょうか?

とても抽象的で申し訳ないのですが
「強い」っていうことはどういうことでしょうか?

スポーツでは走るのが速いとかになりますし
精神的には、他の人よりガマンができるとかでしょうか?

では、医学的に考えるとどうでしょうか。

「自分のことを良く知り、そのことに対して的確に対応できる」
というふうに私は思っております。

具体的には
自分が「歯周病」や「虫歯」に罹患するリスクが高いのかどうかを知り
リスクが高いようなら歯科医院で頻繁にチェックを受ける。
ということです。

人間ですから全てにおいて「強い」ということはあり得ません。

問題は自分の「弱い」部分を知り、いかに対応するかなのです。
でも、意外と自分の弱い部分って知らないものなのです。

 

→医学的に強いことについてはこちらをご覧ください。

2010/07/14

よい歯科医院の選び方

以前、高校時代の友人から「いい歯医者」の選び方を教えてほしいと言われました。

返答の困りました。

でも、なにかしら参考になる答えを言ってあげたいと思い考えました。
それは、

1、患者様の数が多い。
2、歯科衛生士の数が多い。
3、ホームページをもっている。
4、そのホームページで何らかの得意とする分野をもっているのが分かる。
5、派手な宣伝をしていない。(看板を含む)
6、歯科医との相性もあるのでダメと思ったら止める勇気を持つ。

でした。

実際は、その歯科医院にいって治療を受け何年か経たないと本当にいい治療だったのか
どうかは分かりませんが以上の6つのことはひとつの基準と考えていいかと思います。

歯科の治療は長期にわたることもあるので歯科医院選びは慎重ににしたいですね。

 

→よい歯科医院の選び方についてはこちらをご覧ください。

2010/07/12

インプラント周囲炎も歯周病もお薬では治りません

インプラント周囲炎も同様ですが。

どうも最近、歯周病をお薬で治すという治療法を多くみかけます。
どう思いますか?

今まで何回も言ってきましたが
歯周病の治療法は30年前に確立されています。

その後、再生療法などいろいろな治療法が出てきましたが
基本は全く変わっていません。
枝葉的なものが出てきただけです。

今回のお薬による治療法というのは
「歯周病に効かない」といっているわけではありません。

永続的に根本的な「原因をなくす」治療にはなっていないということです。

つまり、ゴミ捨て場がくさいからといって、芳香剤をまいたり、消毒剤をまいたりしているようなものなのです。

やはり、その原因となっているゴミ(歯周病でいえば細菌、歯石)をなくすのが
一番に選択することです。

あたりまえのことですが、なぜその細菌や歯石を取ることに専念しないのかといいますと
それは「技術的に簡単なことではない」からです。

原田歯科では、その技術を徹底的に教育しています。

 

→インプラント周囲炎についてはこちらをご覧ください。

2010/07/09

一時的にですが口臭をなくす方法

患者様で最も気になさっていることのひとつに
「口臭」があります。

口臭の原因は多種多様ですが
やはり「歯周病」「虫歯」が原因のときが多いと思います。

しかし人と話すときには一時的にでも口臭はなくしたいものです。

まず、口臭の原因に「細菌」が関与していることを考えなければいけません。
たとえば「ゴミ袋」を一日放置しておくと、凄いにおいになっています。
これは「細菌」が関与するからなのです。

同様に、お口のなかも細菌がいっぱいいますから
しばらくの間、お口に水分や食べ物が入っていなかったら「におい」は増大します。
ですから、朝起きたときが一番匂うわけです。

このことを考えるとわかるのですが、瞬間的にまず「口臭」をなくすには
お水でもお茶でもいいですから、ある程度の量をお口にいれて
「一分以上ブクブク」をします。

そのあと、できれば2-3回ちょっとブクブクをします。
これで終了。

しかし、一分以上のブクブクは非常に疲れます。
でもお口の周りの筋肉を非常に使いますから
「お顔のたるみ」もなくしてくれるので一挙両得です。

小顔にもなれますので是非、毎日トライしてみてください。

 

→口臭をなくす方法についてはこちらをご覧ください。

2010/07/07

ページトップへ