インプラントはアフターケアが全てです

インプラント治療は治療が終わってからが始まりではないでしょうか。
ど のくらいインプラントがもつのかは、その後のメインテナンスにかかっております。
最低で半年に一回のチェックが必要です。

チェッ ク項目はインプラントの動きや噛み合わせ、まわりの歯肉の状態、骨の状態などいろいろとあります。
ポイントは定期健診でちょっとした異常があった 場合には即時に治療をすることです。

一 番多くみられるのはインプラント周囲の歯肉の炎症です。
当 然これは歯ブラシの不良によるものです。

完全に歯ブラシをできる人はこの世の中にはいません。
ですから、定期的なチェックが必要 なのです。 

2010/02/24

インプラントの手術は痛い?

当然と言えば当然なのでしょうが以前にインプラントをしていて改めて歯を抜いたあとの治療はみなさん、またインプラント治療を希望されます。

多 くの場合、初めてインプラントをされる患者様は「怖い」「痛い」という気持ちが優先してしまいます。
しかし、そのあとの大きなメリットを考えれば その恐怖感も少なくなるのではないでしょうか。

実 際は「時間」も思っていたより少なかった、「痛み」もそんなになかった、という意見が多いのです。
数は少ないですが本当に痛みが強く出そうな時は 分かりますので術前に詳しく説明させて頂いておりますので御安心ください。

で すから、もっと正しくインプラントを知っていただければ嬉しく思います。

2010/02/21

SPIインプラントの一日コースを終えて

昨日はインプラントの講師を一日していました。
熱 心な先生が多く遠くは大阪からの先生もいらっしゃいました。
大阪にも同じようなコースがあますので、とてもありが たいことです。

途中で先生達の要望で内容を少し変えるということがありましたが無事終了いたしました。
いつも思うのですが最後に 「サティフィケート」という修了書をお渡しするのですが、その時が一番嬉しいですね。

今回も多くの質問がありましたが、そのなかで
「インプラントはどのくらいもつと説明 したらいいのでしょうか?」
というのがありました。

難しい問題です。

「私の経験では、きちんとインプラントが骨と 結合した場合は
明らかに10年以上は大丈夫です」とお答えいたしました。

しかし、すべてが「一生大丈夫」ということは ありませんので「一生」ということは言わないでくださいとも話ました。

2010/02/14

SPIインプラントの一日コースをやります

今度の日曜日にSPIインプラントの一日コースをします。
詳しくは「モリタ」のホームページを見てくださいね。

一 年に2回あるのですが、毎回内容を変えています。
と言うより変えざるを得ないのです。
そ れほどインプラントの世界は進歩しています。

特 にコンピューターガイドの分野は販売している営業マンでさえ他社のことを知らないことがあります。
販売している会社自体は非常に少ないのですが私 も全部は把握しておりません。
先週、歯科医師の友人から、この分野での有力情報を頂きました。

情報戦争っていうところもありますね。

2010/02/11

ストローマンインプラント社から手紙がきました

きょうストローマン.ジャパンから手紙が届きました。
例 のインプラントの事件のために改めてインプラントの正しい使用に関しての報告です。

間違った使用法をした歯科医師のために真面目なインプ ラントの会社が責められるのは、ちょっとおかしいと思うのですがどうでしょうか。
以 前に料亭で料理を再使用した事件がありましたが、これと同じです。
こ の件では食材を売っている会社を責めることはないと思います。

考えられるあらゆる間違った使い方をしてはいけないと説明書に書けるわけが ありません。

2010/02/08

インプラントの事故・トラブル

最近、歯科の雑誌でもインプラントのトラブル特集をよく見かけます。
こ ういったトラブルが「なぜ起きるのか、そしてその対応はどのようにすればいいのか」をきちんと勉強しておかなければいけません。

い かなる治療においても100%成功ということはないからです。

代表的なものには「下顎管」損傷による「麻痺」があります。
し かし、損傷といっても本当にいろいろなケースがあり、いくつかに分類されています。
その分類によって処置方法が違ってきますが「損傷」ではなく 「切断」となってしまうと相当難易度が高くなってしまいます。

非 常に気をつけなければならないということを改めて実感いたしました。

2010/02/05

インプラントのメインテナンスはどこの歯科医院でも出来ますか?

先日、他院で埋入したインプラントのメインテナンスをしてほしいとの要望が患者様からありました。
患者様にとっては、そのようなことができるのか どうか分からないようでした。

インプラント治療をしている歯医者にとっては、どこで 入れたインプラントであってもそのメインテナンスは 可能です。
ただし、そのインプラントのメーカーの名前だけは知りたいところです。
どうしてもというわけではありませんが。

最近は、このようなことが多くなったように思います。
全国で多くの歯科医師がインプラント治療をしているわけですから当然といえば当然です。

当院ではインプラントのメインテナンスには絶対の自信を持っております。
実際に術後20年以上経過してもしっかりと噛めている患者様がいらっしゃいます。

ですので、当院でインプラント手術をなさった患者様はなるべく当院でメインテナンスを続けて頂きたいとおもいます。

ただ、引っ越しなどのやむを得ない事情もあるかと思います。

そのためには、メ インテナンスできる歯科医院を全国で御紹介できるようにならなければいけないと最近考えています。

このページを読まれた方はこちらのページも合わせてご覧頂くことをお勧めいたします。

2010/02/01

ページトップへ