入れ歯とインプラント

ここ10年で歯科界での最も大きい変化は何と言っても
「インプラント治療」
でしょう。
今 まで、入れ歯を入れていた人たちで「硬いもの」が咬めなかった方が、突然なんでも咬めるようになるわけですから、これは画期的なことに違いありません。
わ たしも20年ちょっと前からインプラントに取り組んできましたが、いろいろな治療のなかでも

「こ れだけ患者様に感謝された治療はありません」

今では、本当に「取り外し式の入れ歯」を入れることが少なくなりました。
し かし、まだテレビでは「入れ歯の安定剤」の宣伝をよく見ますが、そのなかにはインプラントを知らなかったり、あるいはインプラントについて誤解をなさって いる方が多いんじゃないかと思ってしまいます。

「毎日どんなものでも食べることができて 楽しい食事なれば、きっと病気にもならなくなり寿命も長くなることと思います」

インプラント治療が正しく理解され、歯で 困っている多くの方々の手助けが少しでもできれば嬉しく思います。

2009/09/02

ページトップへ