インプラントの表面性状の変更

現在使用しているインプラントの表面性状が変わるとの事で今日正式な?報告を受けました。

現在インプラントの表面性状はチタンにサンド ブラストとエッチングの処理をするのがスタンダードとなっていますが今回は高熱でサンドブラストをするタイプになるとのことです。より骨との結合が早く、 強固になるとのことで楽しみにしております。

今のインプラントはほとんど全てがチタンでできていますが現在開発に最も力を入れているの がジルコニアだそうです。ジルコニアは高圧、高温で合成した石のようなものでかなりの硬さと生体親和性を持っております。どうも自分の体の中に金属を入れ ることにアレルギーのある方やより審美性を求める方のために開発しているようです。しかし、まだまだチタンと同じくらいの骨との結合は得られていないよう です。

2008/08/29

ページトップへ